読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万物快楽理論

ポケモンブログです。

ぐんぐんぐると

雑記

ケモンを始めて結構経つ僕なんですけど(Twitterもほぼ同時期に始めました)、今と比べて結構前は相当酷い性格(今もだけど)してました。

ただ今はこうある程度改善された点が結構あるので、今年の総括も兼ねてここに「あ、成長したな」と自分で感じられた点をまとめようと思います。
勿論性格面だけでなく、ポケモンに関して成長した点も適当に書きます。

メモというかなんといいますか。自分を振り返るという意味を込めて書く完全自己満記事なので忙しい方は手が空いたら見てネ。


・運負けツイートが無くなった
もしかすると無意識にツイートしてしまっているかもしれませんが、それでも一昔前に比べれば相当減っているはずです。
「はぁ~○○マジふざけんなや」とか、「TN○○ 急所4ね」などをマジで言ってる時期もありました。

これらのツイートが減った要因は分かりませんが、恐らく「慣れた」んでしょうね。
勿論運が悪い試合では内心イライラすることもありますが、それでも口や行動には出さずに抑える事を学びました。

それと、僕大会とかで勝った試合はBV保存してるんですよ。(唐突な話題転換はオタクの特権)
虚偽の結果報告をされないためってのもありますが、7割くらいは勝ち試合のBVを後から眺めて悦に入る為です。

で、BVを後から眺めると、意外と運勝ちしてる試合が多いんですよね。
つまりそういうことです。運負けは強く印象に残るけど、運勝ちって意外と印象に残りにくいんです。


・あえて敵を作るような発言が無くなった
先ほどの「TN○○4ね」みたいな感じのツイートもそうですが、狭い交友関係を保ち他のコミュニティに対しては排他的な態度を取っていた時期もありました。
ただ、そういった態度を取った際に損をするのはどう見ても自分であり、わざわざ損するような事を進んでする必要が全く無い事に気付いて今は超フレンドリーになってます。
元々僕自身交友関係を広げ様々な人と絡みたい~って感じの性格なので、変に気取って他のコミュニティをdisっても得は全くありません。

明確に「誰」と名指しは出来ませんが、いつまでも他人(FF外である事が多い)に対して毒を吐いている方が居ます。
人の性格にどうこうと口出しすることは傲慢だとは思いますが、僕的にはこういう人は「損してる」と思います。

ちなみに、どう考えてもズレている主張なんかを見た時は今でも若干突っ込みます。

「ならお前のブログに掲載されてる『発言集シリーズ』は敵を作らないのか」と言われると若干返信に困るので突っ込まないでください。



・オフでお話するようになった。
超成長した点だと思います。
初参加したオフでは誰一人知り合いがおらず、終始無言でひたすら試合を消化しただけで帰った実績があります。
どう考えても「損」です。んなもんオンライン大会でええやんってなりますね。

2回目に出たオフでも知り合いが少なく、そのオフでも終始一人で滞在するかと思いきや途中から話しかけてくれた方が居ました。
それ以降オフでお話する楽しさを知り、今じゃ試合外中限らずそこそこうるさくしてます。

前述通り元々フレンドリー(自称)かつお喋り(自称)な性格なので、終始黙ってオフに挑むのは中々キツかったです。

よくよく考えりゃオフに出てる人は皆「ポケモン」という共通の趣味を持っているので、話すネタに困る~なんてことはありません。
話しかけられてそれを邪険に扱う人もまず居ないので、積極的に話しかけていくのがポイントですね。
オフに初参加する前の僕にこの事を教えてあげたいです。


・オフで運が悪くても顔に出なくなった。前述の「敵を作らなくなった」にも繋がります。
初参加のオフはともかく、2回目のオフではそれなりに運が悪くえらい不機嫌そうな顔をしてたと思います。

そりゃそんな人に話しかけても絡み損なんで誰も絡んでくれるわけないですね。

最近では、悪い運を引いた時は「声」に出してます。
そうすれば顔には出なくなり、また自然と気持ちにも余裕が出来ます。
まぁあんまり大声で騒ぐとそれはそれで迷惑なので加減をしてますが。




・結果が出せなくても焦らなくなった。
僕の知り合いがオフを数連続で予選抜けているのに僕自身は全く結果を出せず、焦ってしまい落ち着いた考えが出来なくなってまた結果が出せない~という負のサイクルに陥った事がありました。所謂スランプですね。

しかし、ORASという新しい環境が出た事により気持ちがリセットされたんでしょう。
優勝や準優勝という結果は残せなくても、オフの予選抜けは比較的安定して出来るようにまでなりました。

気持ちのリセットというのは凄い大事だと思いました。(小学生の感想文)
周りが結果を残している中自分は結果を出せないという焦りは、ポケモンに対して変に力が入っている時に起こりがちです。
「たかがゲーム」ということを前提にして、程よく力を抜いてゲームに挑むのも勝てるコツかなーと思います。


まぁ僕は地力がそもそもウンコなので力を抜いた所でお世辞にも勝ててるとは言いがたいのですが...



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2015年の締めくくりとして自分自身を振り返ってみました。

ちょっと早いですけど恐らく今年のブログ更新はこれで最後となります。
リアルウンコみたいな記事しか書いていないにも関わらずそれなりの方々が読んで下さっている事に感謝感激舞逆鱗(語呂がいい)って感じです。

来年もこれまで通り読んでも得をしない記事ばかり更新すると思うので、引き続きご愛読頂ければ泣いて喜びます。

それでは。(オタクは〆が雑)