読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万物快楽理論

ポケモンブログです。

電車の座席から知る童貞心理学

f:id:Xia_Cookie:20160125163302j:plain

童貞の皆さんこんにちは。

今回の記事では「電車の座席から知る童貞心理学」を学んでいきたいと思います。

記事の執筆者本人が童貞であるため、非常に説得力のある内容に仕上がっていると思われます。

なお、途中で退室された方は欠席扱いとさせて頂くのであらかじめご了承ください。

 

 ------------------------------------------------------------

・そもそも童貞心理学とは?

童貞心理学とは、精暦454年7月7日にソーロゥ=ドゥティにより確立された学問であり、今日に至るまで数多の心理学者がアプローチを続け開拓され続けている。

 

ソーロゥ=ドゥティは、没日である精暦471年1月9日まで童貞を守り続けていたとされているが、実際には前日の同年1月8日に童貞を捨てたという説もあり、現在も歴史研究家によって議論が繰り広げられている。

 

童貞心理学の初出は、ソーロゥ=ドゥテイが執筆した「童貞論」である。

彼はガイウス・ユリウス・カエサル(B.C.100~B.C.44)が記した「ガリア戦記」の影響を受け、生涯を童貞に対する研究に捧げようと決めた。(諸説有)

ガリア戦記によると、古代ゲルマン人の間では童貞を守れば守る程身長が伸びたり、筋肉が増強されるなどの迷信が出回っていた為、長く童貞を守る人は賞賛されていた。

 

この記述に感銘を受けたソーロゥ=ドゥティは、世界中のありとあらゆる童貞の情報をかき集め、それを元に「童貞論」を書き上げた。

 

結果、上述のような身長/筋肉等身体的な面は非童貞と童貞は大差が無かったものの、行動/思考などに大きな変化が見られることをドゥティは発見した。

 

これが「童貞心理学」の原点である。

 

これから紹介するのは、童貞論 第三章の「童貞思考」に基づき書き上げた私の論文である。

 

------------------------------------------------------------------

f:id:Xia_Cookie:20160125163302j:plain

ある一人の男性(童貞)が電車の座席の隅に座っているとしよう。

 

f:id:Xia_Cookie:20160125171146j:plain

そこへ一人の女性(かわいい)が駆け込んでくる。

幸い席はたくさん空いており、どこへでも好きな所へ座ることが出来る。

 

ここまでがこれから紹介していく状況の前提である。

ここから女性がどこに座るかにより、現在座っている男性(童貞)の心理状況が変わる。

一つポイントなのは、どこに座ろうが女性側の思考は全く考慮しないという点である。

 

今回のテーマはあくまで男性(童貞)側の思考であり、そこに女性側の思考が入り込む余地は無いことを留意してほしい。

 

 

Pattern.1 

f:id:Xia_Cookie:20160125171810j:plain

男性「ヌフッw これはシャイな女の子ですな...ぼぼぼ僕の近くじゃ恥ずかしいからってそんな距離をとって...僕にここここ好意があることがバレバレですぞ...w どれ、少しぼっ僕の方から近づいてみようかなっ...ンフフッwンンフw」

 

人というものは不思議なもので、角が空いているとそこに移動したがる性質を持つ。

これは背中という人間の弱点を誰にも見えない場所に置く事で安心感を得るためであるが、童貞はこれを「シャイだから」という理由で納得してしまう。

さすが童貞。客観的な判断が出来ない。

 

 

Pattern.2

f:id:Xia_Cookie:20160125172404j:plain

男性「こんなちゅちゅ中途半端な距離を保つなんて...僕に近づきたいけど恥ずかしくて近づけないからこのきょ距離を保ってるのかな...ヌフッアゥwじゃ、じゃあ僕の方から近づいてあげたらこ、この子も...ヒッw喜ぶかなっ...ズズッ...ンフッw」

 

どう考えても座れればどこでもいいから座ったような位置取りなのだが、そんな事は御構い無くと言わんばかりに童貞は自分の良いように解釈をし、それで納得してしまう。

さすが童貞。世の中は自分を中心に回っていると思い込んでいる。

 

Pattern.3

f:id:Xia_Cookie:20160125172836j:plain

男性「ンッwンンンンッッ~~~スゥゥゥゥ...深呼吸しししたらググ...グッドスメルが...いいにほひヒヒッw...ンヒッ..wもももももっと匂いた..ハァいッ...フゥwフゥwンッ....スゥゥゥ...フフゴッw」

 

実際には何も匂いがしない(もしくは電車特有の汗の匂い)しかしないのに、勝手に脳内で女性の匂いを補完してしまう。女性が近くに居ると自分の五感さえ騙してしまうのはさすが童貞と言わざるを得ない。

 

 

Pattern.4

f:id:Xia_Cookie:20160125173249j:plain

男性「」(ちょwwww綺麗な女性が俺のすぐ隣に居るんだけどww)←ツイート

 

童貞は自らが予想しなかったプロセスを踏むと脳がフリーズし、代わりに状況を外部端末を使い、文章に打ち込みながら現状の理解をしようと試みる。

散々近づいてほしいと思ってたのにいざ近づかれると思考停止するのはやはり童貞の特徴といえるだろう。 

 

Pattern.5

f:id:Xia_Cookie:20160125173619j:plain

男性「ンフゥ.....ハァ.....フゥ....フゥ....ンッ..フゥ....フゥ....フゥ...」

 

童貞は女性が目の前にいると自然と心拍数が上がってしまう。

それに伴い息が荒くなるので、決して興奮しているとかそういうのではないと言っておこう。興奮しているのではなく、「女性が目の前に居るから息が荒くなる」。そういう一つの現象なのだ。

 

Pattern.6

f:id:Xia_Cookie:20160125173845j:plain

男性「・・・。」(死去)

死因はショック死。

童貞は見かけによらずドが付くほどのピュアなのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------

ぶひドウで逆痴漢物の同人誌見つけたから光速でブクマ(ブックマークの略)にぶち込んだ。