読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万物快楽理論

ポケモンブログです。

【ORAS6350】ジャッカルの燃えるお口マンコ

f:id:Xia_Cookie:20160424135154p:plainf:id:Xia_Cookie:20160403230033p:plainf:id:Xia_Cookie:20160403230100p:plainf:id:Xia_Cookie:20160403230023p:plainf:id:Xia_Cookie:20160403225959p:plainf:id:Xia_Cookie:20160424134253p:plain

 

クチート@クチートナイト

じゃれつく/ストーンエッジ/不意打ち/炎の牙

 

ジャローダ@気合の襷

リーフストーム/めざめるパワー(岩)/挑発/へびにらみ

 

ルカリオ@ルカリオナイト

インファイト/神速/バレットパンチ/剣の舞

 

ウルガモス@命の珠

大文字/むしのさざめき/めざめるパワー(地面)/ちょうのまい

 

カイリュー@弱点保険

逆鱗/地震/神速/竜の舞

 

パルシェン@オボンの実

つららばり/ロックブラスト/氷の礫/からをやぶる

 

ジャ(ローダ)ッカ(イリュー)(カリオ)の燃える(ウルガモス)お口(-ト)マンコ(マンコ)

 --------------------------------------------------------------------------

f:id:Xia_Cookie:20160503103712j:plain

    (被害者のジャッカルくん)

 

燃えるマンコシリーズ第二弾。

「マンコ」を「お口マンコ」にすることで下品さを緩和。

 

ルカリオのカリだけを切り取って「幼女にカリ売るシェン龍(神龍)」なども考えたがあまりに酷すぎるので採用ならず。

 

結局のところ炎+マンムーorパルシェン辺りが入ってくればどれもすべて燃えるマンコシリーズになるので構築名に意味はない。

 

 

-----------------------------------------------------------------

個別解説

f:id:Xia_Cookie:20160424135154p:plain

クチート

  • 実数値:157-133-118-*-116-74 (252-124-100-*-4-28)

     ・H-B 威嚇込で233メガバシャーモフレアドライブ確定耐え

【備考】

並びの都合上先頭に配置しているが入ったのは一番最後。

 

幅広い範囲と打ち合え、ボーマンダゲッコウガなど、初手の出し負けが直接試合の勝敗に繋がるようなポケモンが見せ合い画面でいる場合に初手出しが安定しやすくなる駒。

 

構築単位でファイアローを強く呼ぶため、クチートで誘って鬼火を受けつつファイアローを倒し後続の一貫を作る狙いとしてストーンエッジを採用。

相手のクチートが面倒なので気持ち程度の打点として炎の牙。

 

配分に関して、この構築はメガバシャーモに対するケアルートが非常に乏しいため、クチートと相手のメガバシャーモが対面しても引き先が居ない。(強いて言うならカイリューだが、それでも負担が大きい)

そこでクチートのBを大きく底上げすることで、初手のクチートメガバシャーモ対面でも、威嚇込フレアドライブを耐えつつじゃれつくで切り返す事が出来る。

 

副産物として、威嚇無しでも陽気ガブリアス地震や意地エンテイの聖なる炎を耐えるため、状況次第では基本不利とされている対面でも数の有利や削りを狙える。

 

委員会オフ後の感想

→Bに厚く振ったおかげで勝てた試合が2つあるのでうれしかった。

 

f:id:Xia_Cookie:20160403230033p:plain

ジャローダ

  • 実数値:155-*-115-122-116-180 (36-*-0-212-8-248)
  • 個体値:31-*-30-31-30-30
  • 性格:臆病
  • 持ち物:気合の襷
  • :リーフストーム/めざめるパワー(岩)/へびにらみ/挑発

【備考】

配分は ボルトジャローダ / 第5回関西シングルFESTA使用構築 - 一貫性重視 から拝借。

(めざ岩個体なので若干配分が異なる)

 

組み始め。苦手意識の強いカバルドンに対して強く立ち回れる点がお気に入り。

構築単位でバシャーモファイアローなどの炎に対して出し負けからのケアが効きにくく、またこれらに対して無理やり麻痺を撒き後続のルカリオなどで処理をしていきたいので、炎技を受けても一撃で沈まない気合の襷を採用。

 

とはいったものの、今回のジャローダの役割は目の前のポケモンを削ることにあるので、打つ頻度はリーフストーム>蛇睨み。

特に裏にパルシェンが居る場合、下手に麻痺を撒くと破った下から殴られるリスクを伴うので、むやみやたらに麻痺を撒いても裏目に出てしまう。

 

自身が強力なエースになることもできるので、必ずしも初手に置くわけではなく、相手の構築によっては裏に控えさせてジャローダの一貫を作る事で勝ちを狙う試合も多々ある。

 

メインウェポンかつ積み技であるリーフストーム

強力なS操作技の蛇睨みを確定とし、襷による後ろ盾から強引にファイアローリザードンの突破を狙う事が出来るめざめるパワー(岩)、トリックルーム展開に対する切り返しの手段が乏しいため、これを阻害出来る挑発を採用。

 

めざめるパワー(岩)に関してはボルトロスへの命中安定技にもなる。

 

バトンタッチ+ピクシーorキノガッサ(俗に言う筋肉バンドリ)がとんでもなくヤバイので、ジャローダの挑発を駆使して全力で止める必要がある。

 

委員会オフ後の感想

→無難に強い。

 

f:id:Xia_Cookie:20160403230100p:plain

ルカリオ

【備考】

組み始め。

ジャローダの麻痺からガルーラを縛れるポケモンとして採用。

 

特殊型は格闘技の弱さが目立ちそうだったので物理型にした。

 

命中安定のインファイトを確定とし、

一致かつフェアリー/ゲンガー辺りに対する打点として使えそうなバレットパンチ

ファイアロー/ボルトロス/ウルガモス辺りへの押し込み・削りに使える神速。

カイリューに打たれた龍技/拘り岩技を起点に火力を増強出来る剣の舞を採用。

 

神速の枠は噛み砕く/冷凍パンチ/地震/アイアンテールと色々迷ったが、どれにしてもほとんど打たなかったので有用な場面が多そうな神速を採用した。

 

神速を切って噛み砕くを採用すれば、展開後にゲンガーで止まらず、またギルガルドに対しても削りを入れられ、型次第では突破も狙える。

他の技は多分弱い。

 

 

とここまでつらつら述べているが、実はガルーラ入りにはそんなに出したことがない。

ナットレイや水ロトムのような妙に硬い生意気な低種族値に大きな攻撃を打ち込むのが主な仕事で、ガルーラ入りに対してはパルシェンで抜いていくことがほとんど。

 

委員会オフ後の感想

ルカリオの刺さる構築が一試合しかなかった。(しかも出していない。選出ミス)

f:id:Xia_Cookie:20160403230023p:plain

カイリュー

  • 実数値:191-176-116-*-126-128 (196-44-4-*-44-220)
  • 性格:意地っ張り
  • 持ち物:弱点保険
  • :逆鱗/地震/神速/龍の舞

【備考】

配分はジャローダと同じ記事。

 

組み始めであるジャローダ+ルカリオが強く呼ぶボルトロス(化身)/炎全般/ゲッコウガに対して切り返せる駒として採用。

 

それに伴い、拘り鉢巻では拘った後の隙を埋める事が難しく、またラムでは火力不足が目立ち、ボルトロスに対して押し負けてしまうケースが考えられるので、主にめざめるパワー(氷)を起点に単独で展開を狙える弱点保険を採用した。

 

D方面に若干厚く振っているため、カイリューvs耐久振りボルトロス対面時に、弱点保険警戒の10万ボルト→めざめるパワー(氷)と打たれても耐える事が出来る。

 

ジャローダから繋ぐ事が多く、特にスカーフガブリアス辺りがジャローダの上を取ってきた場合、カイリューに繋いでそのまま抜いていく事もしばしば。

 

委員会オフ後の感想

→めちゃ強い。

 

f:id:Xia_Cookie:20160403225959p:plain

ウルガモス

  • 実数値:161-*-86-186-125-167 (4-*-4-248-0-252)
  • 個体値:31-*-31-30-30-31
  • 性格:臆病
  • 持ち物:命の珠
  • :大文字/むしのさざめき/めざめるパワー(地面)/蝶の舞

【備考】

ジャローダ+ルカリオ+カイリューという基本選出のみでは、相手のクレセリアスイクンなどの数値受けや、積んでも上から何かしらの行動をしてくるゲンガーがネックに感じたので、これらを起点に崩しを狙えるウルガモスを採用。

 

性格/持ち物に関しては、1舞後に意地スカーフガブリアスを縛り返すことが出来、また舞っていない状態でも最速ガルーラに対する削り、もしくは削れたガルーラに対してトドメを狙う事が出来る臆病珠を採用。

 

ゲンガーとの対面時にて、ラムの線が濃いウルガモスにまさか催眠術を打ってくる輩は居ないだろうが、ヘドロ爆弾による毒は引く事が多いので状態異常によるスリップダメージが少々痛く、短命になりやすい。

 

それを踏まえても、他では見る事が出来ないヘラクロス+クレセリア+ヒードランの並びを単体で崩す事が出来る貴重な駒。

 

ウルガモスを選出する場合龍岩地面辺りの一貫がとても強くなるので、ガブリアスに対する明確なケアルートを用意しておく必要がある。

 

蛇足だが、ウルガモスの持ち物は元々ラムだった。(性格も控えめ)

ラムが弱かった訳ではないが、ウルガモスを臆病で使いたい場面が多かった為、性格の変更に伴って火力補強のために命の珠に変更した。

 

委員会オフ後の感想

→弱いわけではないがゲンガーのkpが0だったので動きにくかった。

 

f:id:Xia_Cookie:20160424134253p:plain

パルシェン

  • 実数値:154-154-200-*-65-101 (228-196-0-*-0-84)
  • 性格:意地っ張り
  • 持ち物:オボンの実
  • :つららばり/ロックブラスト/氷の礫/からをやぶる

【備考】

コンセプトは うーはーできない…: 【関西予選2 ベスト8】 ウルガカイリュー から拝借。

 

オボンの実によりAS捨て身ガルーラと対面した際でも積み技を選択することが出来、その後の先制技1発で縛られる事が無い。

ガルーラの先制技以外にも、カイリューの神速/無振りファイアローブレイブバード辺りに対しても疑似的な耐性が付く。

 

つまるところ従来のように上からチマチマ削ってパルシェンを倒すという算段を崩す事が出来るのがオボンの実の強み。

 

配分は1破りで130族抜き/1破りつららばりで181-120ガルーラを倒せる/残りH。

 

余談だが、参考元のパルシェンが腕白なのに対し今回の構築のパルシェンが意地なのは私の見間違いによるもの。(参考元も意地だと思い込んでいた)

 

委員会オフ後の感想

→超強い事はこれまでの経験から知っていたが出せる構築が皆無だった。

-------------------------------------------------------------

委員会オフ前の総評

つよかったです。

鬼火アローがそこそこだるいけど、ジャローダ相手に舐めた行動してくる人が多かったので襷が潰れた状態でもめざ岩打ったら8割くらいは通してくれた。残り2割は無慈悲のブレバ。(2割の内1割くらいはよくわからないけど耐えた)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

委員会オフ後の総評(言い訳)

5/4開催の委員会オフにて使用。成績は4-3。

直前にドレパンガルの存在を小耳にはさんでいたのでパルシェンでガルーラを見れるか少々不安だったが、そもそもブロック8人居てガルーラが1体しか居なかった。(しかも出てこなかった)

 

あまつさえゲンガーマンダスイクンは0。ガブリアス2。ルカリオ3。クチート4

ぜってぇクチート40体くらい居るだろうと思ったら総合kpは21だった。

 

おかげで、ガブガルを起点にすることを前提に採用し、また鋼タイプ相手には簡単に止まってしまうパルシェンがまるで役に立たず選出回数は1(消化試合にて『1回も出してないから出してあげよう』と出した)。

 

明らかな選出ミスによる負けも1つあるが、それ以外では非常に厳しい戦いを強いられた。

 

総合kpに関わらず一つのブロックに特定のポケモンが集中してしまうリスクを孕むのはオフの特徴の一つであるが、ここまで偏るとは思わなかった。

構築の完成度がイマイチ不明瞭だったので、当たるポケモンが平均化されるレートで今季こそ結果を残せるよう頑張りたいと思う。(残り2週間で現在1600)