万物快楽理論

ポケモンブログです。

【初心者必見】これだけ読めば大丈夫!ハトも頷くポケモン講座!

なんて書いてもね。初心者の人ってそもそもポケモンブログ読まないんですよ

f:id:Xia_Cookie:20161218112810j:plain

最近(といっても1カ月前くらい?)にサンムーンが発売されて以降、Twitterを眺めていると「初心者向けのポケモン講座」と謳った記事が流れてくる事があります。

 

僕そういうの割としっかり中身見るんですけど、大体「努力値とは~」とか「HはHP、Aは攻撃云々~」のような基礎的な単語/非公式用語の説明から始まって、最終的にはサンプルパーティを組んで終わりっ!みたいな感じなんですよね。

まぁ、「一から始めて初心者卒業」を目指そうという目論見で記事を書けば誰でも上みたいな構成になると思います。

 

その記事を書いて投稿したとします。

大体の人はTwitterで「ブログを更新しました」みたいなツイートして記事を投稿すると思います。

問題はここからで、果たして努力値や必要最低限の非公式用語も知らないような所謂ガチ初心者Twitterにどれほど居るかって話なんですよ。

僕は前使っていたアカウントも合わせて大体3年近くTwitterをやっていますが、「努力値も何も分からないよ~」という人はほとんど居ませんし、わずかにいる努力値も何も分からない勢はそもそもポケモンやってません

 

これは僕の経験則からなる推測にすぎないんですけど、ポケ勢がポケ勢としてのTwitterアカウントを作るプロセスって、

ポケモンの事をある程度知る→もっといろんな人と触れ合いたいと思う→Twitter始める

の順だと思うんですよね。

この「ある程度知る」ってところがキモで、そもそもいろんな人と触れ合いたいと思うのは「共通の趣味(今回で言えばポケモン)についていっぱい話したい」という思いがあって初めて「色々な人と触れ合いたい」と感じるわけで、ポケモンの事を何も知らない人はポケモンの事について話したいとは全く思わないんですよ。

 

ポケモンのほかに将棋や音ゲーもやってますけど、ポケモンしかやってない人に「居飛車党なんだけどさ、君居飛車振り飛車どっちの方が好き?w」とか聞いても「いや、僕将棋やってないです...」と言われるのがオチです。当たり前ですね。

 

で、Twitterすら始めてない人はTwitterに流れている初心者向けの記事を目にする機会も無いわけで、どこで情報を得るかというと大体まとめサイト対戦考察wikiだと思います。実際僕もそうでした。(実況動画は"興味を持たせる"という点では便利ですが、情報を得るには不向きです。これは初心者でもなんとなくわかってると思います)

 

実際ポケモン徹底攻略(所謂ポケ徹)対戦考察wikiは、初心者が情報を得ようとする上ではそこそこ分かりやすくまとめてくれていますし、「ポケモン 個体値」とかで検索したら大体トップに出てきますから目に留まる機会も多いです。

 

ほとんどの初心者はそこで情報を得て満足しちゃうと思うんですよね。

検索結果を何十ページも掘って個人のブログに辿り着くことなんて、本当に稀どころか全く無いと思ってもいいかもしれません。

 

では逆に、いつ個人のブログを見るようになるのか...ですが、ある程度ポケモンの事を知ってTwitterを始めてリツイートで他の人のブログが回ってくる、そこで初めてちょこっとブログを見る、というのがブログ巡回の第一歩でしょう。

そのころには努力値とか個体値とか全て知ってしまっているので、そこで今更「初心者必見!」とか書かれた記事が流れてきても、その元初心者さんは「ふーん」としか思わないでしょうね。

 

また、ポケモンに多少の興味はあるがポケ勢としてのアカウントは作っておらず、リア垢しかない初心者、という人も結構居ると思いますが、その方に関しても例外ではなく、そもそもそういう人はポケモンユーザーをフォローすらしていないことが多く、また運よくTLに初心者向け記事が流れてきたとしてもちょっと目を通して途中でブラウザバックします。これはほぼ絶対と言っても良いと思います。

 

だって長いですもん説明が。

努力値云々って、「知りたい」と本気で思う欲があって初めて理解できる説明であって、TwitterのTLで流れてきたからなんとなく読んでみよ~程度の知識欲しかない人はまず絶対途中で折れます。

 

***

 

別に初心者向けの記事が悪いってことじゃなくて、本気で初心者に対してアプローチを仕掛けていきたいならもうちょっと別の形を取る必要があるんじゃないかってね、僕はそう思いますゥゥゥゥ。

 

ちなみに僕はサンムーンやってません。ポケモン初心者です。